広島弁護士会所属 福山市の弁護士森脇淳一

広島県福山市若松町10-5法友会館3階

お急ぎの方はお電話でどうぞ!

084-926-5512

このホームページについて

 私、森脇淳一は、平成30年9月末日をもって約35年半勤務した裁判所を早期退職し、同年11月1日から裁判官時代に知己を得た森谷正秀弁護士の事務所に合流させていただき、同事務所の名称も「森谷・森脇法律事務所」と改め、弁護士として活動しています。
 裁判官時代、高等裁判所、地方裁判所、家庭裁判所、簡易裁判所の民事・刑事・家事・少年事件のほぼすべての分野の裁判実務を経験してきたことを強みに、法的紛争で苦しんでいる皆様のお力添えができたらと願っています。
 そして、このホームページは、私が、弁護士森脇淳一及びその発言(コラム)とともに、私が所属する「森谷・森脇法律事務所」を御紹介するために立ち上げたものです。

森脇淳一の
経歴へ
事務所案内 料金及びお問い合わせ

森脇淳一の
コラム

 このコラムは、比較的最近弁護士として働きだした私が日々感じたこと(エッセイ)のほか、これまでの人生の半分以上を裁判官として過ごしていた間に私が司法制度や裁判実務、裁判所及び裁判官について考えたこと(司法制度論、裁判官論)並びにその基礎となった、私が裁判官になる前及びその後の出来事(半生記)などを書き綴ったものです。
 特に、司法制度論や裁判官論については、できるだけ多くの国民の皆さんに裁判所や裁判実務の実情を知ってもらい、よりよき司法の実現に資したいという思いから書いています。したがって、できる限り専門用語や特殊用語、職業用語(ジャーゴン)は避けたいと思っていますが、その分、法曹関係者にとっては正確を欠くと思われる記述となる可能性もありますが、ご容赦ください。
 所詮、自己満足にすぎないものであることは十分理解しているつもりですが、ご興味のある方はお時間の許す限りお読みくだされば幸いです。
 
 私のコラムを読んでくださっている人の便宜のために、新しく書いたコラムの表題に「New」をつけるようにして頂いたのですが、「New」のマークは、公開後1か月間付くそうです。ですので、1か月に2個以上コラムを公開すると「New」のついたコラムが2個以上現れることになります。
 そこで、今後は、できる限り「New」が2個以上つかず、しかし、1つもないのは寂しいことから、おおむね1か月に1つずつコラム公開することを目標にしようと考えています(2019年6月9日付記)。

新着コラム NEW